監査法人のローテーション制度は本当に必要か

公認会計士F

東京都港区白金で会計事務所を経営している公認会計士・税理士です。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. AY より:

    「監査法人のローテーション制度に関する調査報告」は43ページあり、欧州の監査法人の強制ローテーション適用国を詳細に報告しているが、適用していない米国は26ページから1ページ余りに簡単すぎるくらいの記述しかない。また、東芝は2001年3月までの期の連結財務諸表は、50年間はプライスウオーターが監査しており、新日本監査法人は2002年3月期から2016年の15年間だ。正確な記述ではない。金融庁の方向性を意図した偏向した報告書だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。