有価証券上場規程の一部改正について(東証)

こんにちわ!白金の公認会計士Fです。 昨年から議論されていました決算短信等の開示の簡素化について、2月10日東証から「決算短信・四半期決算短信の様式に関する自由度の向上のための有価証券上場規程の一部改正について」として公表されました。 過去のブログでも決算短信の簡素化について否定的な立場で触れていまして、懸念していましたが、その後パブリックコメントの募集をへて、公表された有価証券上場規程の一部改正は、当初案どおりとなったようです。 改正の内容は単純で、現在使用されている短信のサマリー情報の使用義務を撤廃するというものです。 この結果、決算概要の開示の仕方が自由になるわけですが、はたして4月以降...