共謀罪法案が公認会計士・税理士業務に与える影響とは

こんにちわ!白金の公認会計士Fです。 国会会期末を控え、加計学園問題がメディアを賑わしていますが、今国会での重要審議事項である共謀罪法案の参議院通過が目前に迫っています。 共謀罪法案とは「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律の改正案」のことで、テロ等準備罪法案(←政府の言い方はこれ)とも呼ばれています。 この法案を推し進めている与党・政府は、世界各国で頻発しているテロを目の当たりにし、2020年東京オリンピックを控え、テロ対策を強化しなければならないと説明しています。 テロが頻発しているのは事実でしょう。しかし、サリン事件やアメリカ9.11など過去重大なテロが起こった場合でもテロ...